CATEGORIES
SPONSOR LINKS




NEW ENTRIES
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
健康に関する、この情報ってホント? これって常識なの?

日進月歩の医療の最新情報やウラ話、新常識、テレビでおなじみの健康番組のネタ話などを解かりやすく解説。

だまされない賢い患者・消費者になるために必要不可欠な知ってて損なし情報の数々。
<< 10年ぶり、新禁煙薬 | main | 椎間板ヘルニア今、昔 >>
腰痛の内視鏡・顕微鏡手術
病院
 腰痛といっても、適応は手術が必要となる場合のある
「椎間板ヘルニア」「脊柱管狭窄症」に対して
だが、一般にヘルニアや脊柱管狭窄症の手術というと背中を5cmほど開いて、患部を肉眼で見ながら行うという方法をとるが、内視鏡手術や顕微鏡(下)手術では切開するのはわずか2〜3cmだ。

 傷口が小さいことだけではなく、これらの手術は侵襲する部分が小さい(骨を削ったり、筋肉を傷つけることが少ない)ため、回復が早く、入院期間や社会復帰までの期間の短縮が計れる事が利点だ。

 ただし、非常に熟練した技術のいる手術なので、術者の技量により所要時間や結果が左右される。

 現在、日本整形外科学会が認定した内視鏡手術技術認定医は全国で32名いるらしいが、厳しい審査でもっと認定を受ける医師が増えることが望まれる。

 参考サイトに両手術のスコア、認定医の有無などの情報、又手術の詳細が載っているので参考にされたい。

 ただし、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症で手術が必要なのは重症例に限ってであることと、手術適応例であっても、手放しでこれらが選択すべき手術法かというと、患部の状態によっては両手術法が適応できない場合があり、従来の手術法をとらなければならない場合があることを付け加えておく。


参考・引用:Yomiuri Online 医療と介護
西島脊椎クリニック 顕微鏡下ヘルニア摘出術


ためになったと思ったら、クリックお願いします。 人気blogランキング

| 治療法に関する情報 | 12:18 | - | trackbacks(0) | pookmark |
http://h-column.ky-buster.com/trackback/98683