CATEGORIES
SPONSOR LINKS




NEW ENTRIES
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
健康に関する、この情報ってホント? これって常識なの?

日進月歩の医療の最新情報やウラ話、新常識、テレビでおなじみの健康番組のネタ話などを解かりやすく解説。

だまされない賢い患者・消費者になるために必要不可欠な知ってて損なし情報の数々。
<< インフルエンザにビフィズス菌が! | main | 食品安全委員会、大豆イソフラボンに最終評価 >>
究極、肥満治療法
びっくり
 「こうすれば激ヤセ!」とか「これであなたもスリムに!」なんて広告が溢れまくって久しいが、ついにというか、ここまでやるかというかついに出ました、新肥満治療法。

「食欲ペースメーカー(IGS)」

 米ミネソタ州ミネアポリスにある、医療機器大手メドトロニックが開発した、「埋め込み型胃刺激装置(IGS)」と呼ばれる機器。

 ストップウォッチほどの大きさの装置を腹部の皮下に埋め込み、胃壁に電極を取り付けて少量の電流を流す。これによって胃が収縮し、脳に満腹感が伝わるため、食べる量を抑えることができるという仕組みだ。

 まるで心臓ペースメーカーのような装置だが、従来からある重度肥満治療のバイパス手術ラップバンド手術より、治療終了後取り外すことが出来る分、合併症が少ないらしい。

 肥満大国アメリカやオーストラリアでは肥満の手術治療は珍しくなく、アメリカでは2003年13万件もバイパス手術が行われたらしい。

 ただ、前述したように手術だけが原因ではないが、合併症により1年後にその19%が再入院、5%が死亡しているとのこと。

 そういう点から見ると、この新治療法「IGS」、かなり期待されているらしい。

 ちなみに、4日に出た「体重544キロのメキシコ男性、イタリアで無料手術」というCNNニュース。
 http://www.cnn.co.jp/science/CNN200605040021.html
 彼が受けたのがバイパス手術。

 最近NHKの子供番組でしか見なくなった、元大関小錦の現役時代の体重が284キロだから、544キロって (((( ;゚Д゚)))) ・・・・ いやはや凄まじい。

ジャネット  あのジャネットジャクソンも今は・・・・
肥満って人を変えてしまうのね。


参考・引用:Yahoo!ヘルスケア肥満・肥満症コラム
CNNニュース2006.05.07


ためになったと思ったら、クリックお願いします。 人気blogランキング

| 治療法に関する情報 | 16:00 | - | trackbacks(0) | pookmark |
http://h-column.ky-buster.com/trackback/79386