CATEGORIES
SPONSOR LINKS




NEW ENTRIES
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
健康に関する、この情報ってホント? これって常識なの?

日進月歩の医療の最新情報やウラ話、新常識、テレビでおなじみの健康番組のネタ話などを解かりやすく解説。

だまされない賢い患者・消費者になるために必要不可欠な知ってて損なし情報の数々。
<< いわしの缶詰 | main | 血液サラサラの功罪 >>
リウマチの新治療法 「白血球除去療法」
病院
 慢性関節リウマチ(RA)は自己免疫疾患で、免疫異常により自分の体を敵として攻撃してしまう難治性の病気だが、最近新しい治療法が生まれた。

 リウマチの治療というと数種類の抗リウマチ薬を、効果がなくなると切り替えるという方法で、対症療法的に用いられるステロイド・非ステロイドの抗炎症薬とともに処方するのが一般的だが、効かない患者も多く、既存の薬の効果が不十分な患者には最近承認された、炎症の原因を抑えて関節の破壊を防ぐとされる「生物学的製剤(生物製剤)」を用いる。
 そして今、新たな治療として
「白血球除去療法(LCAP療法)」
が治療の選択肢の中に加わった。

 この新治療法を簡単に説明すると、関節内に入って攻撃を仕掛けてくる活性化した白血球を極細の繊維で作られた不織布のフィルターで漉しとり、再度体に戻してやるという一見人工透析のような治療法だ。
 しかし、腎透析のように時間はかからず、1時間ほどで終了する。

 効果のほどだが、全国14病院が参加した研究では、この治療により、腫れた関節の数が2割以上減るなどの病状改善が認められた患者は73%、同じく5割以上の改善が30%だったそうだ。既存の薬が効かない患者が対象だったので、改善率としてはけして低い数字ではない。

 一昨年より、保険適応になって負担額が軽減しているので慢性関節リウマチでお悩みの方はお近くの導入医療機関をさがして相談してはいかがだろう。

   (下の旭化成メディカル蠅離曄璽爛據璽犬茲衂賊,慮〆が行えます)



参考・引用:YOMIURI ON-LINE医療と介護 リウマチに「白血球除去療法」
旭化成メディカル株式会社 リウマチのLCAP療法


ためになったと思ったら、クリックお願いします。 人気blogランキング

| 治療法に関する情報 | 20:26 | - | trackbacks(0) | pookmark |
http://h-column.ky-buster.com/trackback/52511