CATEGORIES
SPONSOR LINKS




NEW ENTRIES
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
健康に関する、この情報ってホント? これって常識なの?

日進月歩の医療の最新情報やウラ話、新常識、テレビでおなじみの健康番組のネタ話などを解かりやすく解説。

だまされない賢い患者・消費者になるために必要不可欠な知ってて損なし情報の数々。
<< 小児の解熱剤使用について | main | 乳がんの無切除治療に光明 >>
妊婦と葉酸
赤ちゃん
 胎児の先天性異常に葉酸不足が影響するということはプレママ雑誌などで周知の事実だが、にもかかわらず90%以上の妊婦が摂取不足であることが横浜市立大学などのグループの調査でわかった。

 葉酸とは、ビタミンB群に含まれる水溶性ビタミンで、ホウレン草やブロッコリーなどの緑葉野菜や豆類、レバーに含まれている。

 妊娠初期(4週〜12週)に葉酸が不足すると胎児に神経障害が起こりやすくなるが、実際は胎児の先天異常には、妊娠中よりもむしろ妊娠前の葉酸不足が影響しているとされる。

 厚生労働省は、妊娠可能な年齢の女性は1日に400マイクログラム以上摂取することが望ましいとする指針を2000年に公表したが、それを上回っていたのは全体の7.5%にとどまったという結果だ。

 平均摂取量は1日当たり275マイクログラムで推奨値の7割しかなかったということになる。

 ダイエットばやりの昨今だが、必要な栄養素だけはしっかり摂るように心がけたいものだ。


参考・引用:妊娠しやすいカラダづくり NEWS


ためになったと思ったら、クリックお願いします。 人気blogランキング

| 栄養に関する情報 | 01:30 | - | trackbacks(0) | pookmark |
http://h-column.ky-buster.com/trackback/49048