CATEGORIES
SPONSOR LINKS




NEW ENTRIES
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
健康に関する、この情報ってホント? これって常識なの?

日進月歩の医療の最新情報やウラ話、新常識、テレビでおなじみの健康番組のネタ話などを解かりやすく解説。

だまされない賢い患者・消費者になるために必要不可欠な知ってて損なし情報の数々。
<< 痩せる事は美徳か? | main |
腰痛に関する常識のウソ
JUGEMテーマ:健康
  腰痛で病院に行って、X線等の検査を受け、結局異常なしで、腹筋、背筋の筋力が衰えているためだという結論を出された方が結構多いと思う。

 はたして、腹筋、背筋の筋力が落ちる事によって腰痛になるのだろうか?

        答えは 『×』 だ。

 もし、腹筋、背筋の筋力が落ちて腰痛になるなら、

 
 90歳以上のご老人の方はよっぽど鍛えている方以外は全員腰痛持ちのはず。

 ボディビルダーやアスリートに腰痛は起こらないはず。

 又、一般に男性より筋力が少ないとされている女性の方が腰痛になる確率が高いはず。


 では実際に、これらが全部が当てはまっているかというと

     全部当てはまっていない。
 
 というのが、あなたの周りを見回しても歴然であるはず。



 腰痛を治すために筋肉増強なんて愚の骨頂である。

 ただし、勘違いしてもらっては困るのが、

  なら、運動なんか全然しなくてよいのでは?

 と思ってしまうことである。

 
 
 慢性腰痛の多くは関節機能や筋肉の柔軟性の低下で起こる。

 故に、運動療法は腰痛対策には必須といえる。

          ただし、それは 筋力を高めるためではない ということだ。


 
 筋肉は動かすことによって柔軟性が高まり、そのポテンシャルが上がる。

 逆に、動きが少なくなった筋肉は硬くなり、いくら量が多くてもそのポテンシャルは下がる。

 要は、筋肉は伸び縮みしてナンボだということだ。


 だから、腰痛のための体操に筋トレは全く必要ではなく、

 たとえば、腹筋運動の代わりに、同じく腰部を屈曲させる 「膝の抱き抱え運動」 で良いというわけである。

 今、巷で流行っている 「マッケンジー体操 」も腰の状態だけみると背筋運動をしている時のそれと一緒だ。違うのは背筋を使ってはダメだという真逆の法則だけだ。

 
 病院で腹筋背筋運動の処方を受けた方! くれぐれもムキムキマッチョを目指すべからず。


 ただし、運動不足というのは当てはまっていると思われるので 体操は怠るべからず! である。

 
ためになったと思ったら、クリックお願いします。 人気blogランキング


| 役立つ知識 | 10:25 | - | trackbacks(0) | pookmark |
http://h-column.ky-buster.com/trackback/452974