CATEGORIES
SPONSOR LINKS




NEW ENTRIES
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
健康に関する、この情報ってホント? これって常識なの?

日進月歩の医療の最新情報やウラ話、新常識、テレビでおなじみの健康番組のネタ話などを解かりやすく解説。

だまされない賢い患者・消費者になるために必要不可欠な知ってて損なし情報の数々。
<< リウマチの新治療法 「白血球除去療法」 | main | コレステロール神話のウソ、ホント >>
血液サラサラの功罪
聞き耳を立てる
 最近、よく目に、そして耳にする

「血液がサラサラ、ドロドロ」

 という表現だが、果たしてこれは的を得た表現なのか?

 実はこの言葉、最近は医師もよく利用しているが、医学用語や医学的表現ではない。
 言葉の持つイメージで血液の流動性を表しているかのように思えるが、TVで血液サラサラ度を測るときによく見るMC-FANという機械、実はあの機器でサンプルした血液の血管内での流動性は測れないのである。

MC-FAN

 皆さんご承知の通り、血液は体外に出て、空気に触れると凝固する。故にあれらの機器を使って検査をするときは、ヘパリンなど抗凝固剤で血液を固まらなくしておいて行う。
 
 ということは、血液を体内にある状態とはまったく違う状態で行っている検査で、あの検査でわかることは円く写っている赤血球の変態能(形を変える能力)だけであり、血小板の凝集で起こる血栓のできやすさや動脈硬化の原因となる高脂血症のミセル化した脂肪などは皆目わからない。
 ようするに、血液ドロドロの本来意味するところは、油まみれでべたべたの状態を表しているのではなく、血小板の固まる能力、白血球の粘着力が高まり、赤血球の形が変わりにくい状態を表しているのだが、MC-FANの検査ではそのうちの1つしかわからないので、血管が詰まりやすさなどは皆目解らないだけでなく、そもそもドロドロであるかすら解らないのである。

 最近、医師でもない私の元にさえ、DMでサイドビジネスでMC-FANの検査をしないかなどと広告が来る。要するに医療機器ではなく、分析機器であるからだ。

 皆さんの身近でもMC-FAN検査を出来る所ができてくると思うが、試すことはともかく、結果を憂いて健康食品をしこたま買い込むなどということは努々すること無かれ。

 ということで血小板の凝集を抑え、血栓を作りにくくし、血管の詰まりを防ぐ、文字通り血液をサラサラにする食べ物はこちらをごらんあれ。



参考・引用:ウィキペディア血液サラサラ All About家庭の医学


ためになったと思ったら、クリックお願いします。 人気blogランキング

| 役立つ知識 | 00:03 | - | trackbacks(0) | pookmark |
http://h-column.ky-buster.com/trackback/42348