CATEGORIES
SPONSOR LINKS




NEW ENTRIES
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
健康に関する、この情報ってホント? これって常識なの?

日進月歩の医療の最新情報やウラ話、新常識、テレビでおなじみの健康番組のネタ話などを解かりやすく解説。

だまされない賢い患者・消費者になるために必要不可欠な知ってて損なし情報の数々。
<< セカンドオピニオン外来、定着するか? | main | 肌の老化防止にアスタキサンチン等のカロテノイドが有効 >>
ワールドカップ開催国ドイツではしか(麻疹)流行
サッカーボール
 サッカーワールドカップまでわずかだが、ここでいささか気になる事がひとつ。
  
今ドイツで はしか(麻疹)が流行 しているとの事。

開催地の一つであるドイツのノルトライン・ヴェストファーレン州で特に流行していて、ワクチン未摂取および未感染渡航者にワクチン接種を呼びかけている。

 日本ではMMRワクチンといわれる麻疹、流行性耳下腺炎(おたふく風邪)、風疹の三種の生ワクチンが混合されたワクチンが、おたふくかぜワクチンによる髄膜炎の発生が問題になり、1993年に中止され、任意摂取となった ため、サッカー選手、および渡航者の感染が危惧されている。

 はしかと言うと子供が罹るありふれた疾患に思われるが、脳症を起こしやすいウィルスにあたり、特に大人の感染は重症化する傾向にある。
 しかも予防接種の効果は、流行が少なくなって免疫の再獲得の機会が減少している今は10年位の期間しかないといわれている。

 ワールドカップ日本代表選出選手のはしか感染で戦線離脱などのニュースが流れない事を祈るばかりだ。

 勿論、現地に赴く熱烈的なサポーターの方も含めてである。


参考・引用 外務省海外安全ホームページ ドイツ:麻疹(はしか)の発生
万有製薬メルクマニュアル 亜急性硬化性全脳炎


ためになったと思ったら、クリックお願いします。 人気blogランキング

| 最新情報! | 01:48 | - | trackbacks(0) | pookmark |
http://h-column.ky-buster.com/trackback/122793