CATEGORIES
SPONSOR LINKS




NEW ENTRIES
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
健康に関する、この情報ってホント? これって常識なの?

日進月歩の医療の最新情報やウラ話、新常識、テレビでおなじみの健康番組のネタ話などを解かりやすく解説。

だまされない賢い患者・消費者になるために必要不可欠な知ってて損なし情報の数々。
<< ジェネリック薬品、使うべきか使わざるべきか? | main | DHA、EPAの効果的な摂り方 >>
DHAなど不飽和脂肪酸の効能
魚
 あるある大辞典など健康番組でよく採り上げられる

DHA (ドコサヘキサエン酸) だが、

DHAに限らず、EPA(エイコサペンタエン酸)ARA(アラキドン酸)など不飽和脂肪酸の効能がブレインヘルス(脳の健康)の観点から今、注目されている。

 不飽和脂肪酸は生命に非常に重要な成分で必須脂肪酸とも言われ、体内で生成することが出来ないため食事やサプリメントで摂る必要がある栄養素だ。

 DHAEPAなど魚に多く含まれる含まれる不飽和脂肪酸の効能を研究段階のものも含め整理すると下の表になる。
 
DHA
EPA
ARA
 発ガン予防作用
 抗アレルギー、抗炎症作用
 動脈硬化を防ぐ作用
 血液の流動性を高める作用
 視力の改善
 記憶力を高める
 老人性痴呆症の改善
 傷んだ脳機能の回復

※ARA代謝産物であるロイコトリエンB4は過剰になるとアレルギー反応を起こす引き金になるが、DHAはそれを抑制する作用もある。

物忘れを訴える高齢者にDHAARAの摂取は即時記憶集中力の向上に効果があったと報告されている。

不飽和脂肪酸は酸化しやすいのでビタミンEやCなど抗酸化作用のあるビタミンと共に摂ることが望ましい。

ARAは魚介類のほか豚肉やレバーに多く含まれる。
 EPAは脳血液関門(脳の毛細血管は簡単に物質を通さないようになっている)を通過できないので、脳に及ぼす効果はないが血小板凝集抑制効果(血液さらさら効果)DHAより高い。

 ARAは最近の研究で脳卒中や脳挫傷の後遺症の記憶障害の回復に効果があることが示唆されている。また、脳の快楽中枢を刺激する脳内物質アナンダマイドはこのARAから出来ていて、ARAの摂取は至福感をもたらすと言われている。

 DHAARAは脳細胞膜の透過性を高め、神経細胞を活性化するので、妊婦や高齢者は特に魚介類を摂る必要があると言える。

 さらに、DHAEPAには面白い研究結果が出ている。
 それは、魚を食べると自殺率が低下するというもので、DHAEPAは衝動を抑える鎮静作用があると言うことだ。

 最近では毎年3万人以上の自殺者が出ている日本の助け舟になるかもしれない不飽和脂肪酸が、昨年のアミノ酸ブームに続くトレンドになるのは間違いなさそうである。


参考・引用:
JAFRA日本食品機能研究会 ドコサヘキサエン酸(DHA)の機能研究
田中栄養科学研究所 栄養講座
日経プレスリリース サントリー、脂質栄養に関する研究成果を発表
ブレインヘルス協会 ブレインヘルス・ニュース Vol.7 pdf
北國新聞社 今日のニュース
All About Japan うつ病対策にもサカナ


ためになったと思ったら、クリックお願いします。 人気blogランキング

| 栄養に関する情報 | 22:18 | - | trackbacks(1) | pookmark |
http://h-column.ky-buster.com/trackback/111330
週3回は魚を食べよ!
有名なのでもうご存知の方も多いと思うが、アルツハイマーになった人を調べると魚をあまり食べていなかった、という結果が出ているという。DHA(ドコサヘキサエン酸)の健康効果・コレステロールを抑制し、血圧降下の働きがある・動脈硬化を予防する・うつ病を防ぐ効果
| 認知症を予防するブログ | 2006/10/31 11:47 AM |