CATEGORIES
SPONSOR LINKS




NEW ENTRIES
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
健康に関する、この情報ってホント? これって常識なの?

日進月歩の医療の最新情報やウラ話、新常識、テレビでおなじみの健康番組のネタ話などを解かりやすく解説。

だまされない賢い患者・消費者になるために必要不可欠な知ってて損なし情報の数々。
ジェネリック薬品、使うべきか使わざるべきか?
病院
 最近テレビのCMでも耳にするようになった

「ジェネリック薬品」

 簡単に言うと特許切れ薬品のコピー商品であり、特許切れと同時に雨後の竹の子の如くゾロゾロ出て来るのでそれを揶揄して、別名「ゾロ」とも言う。

 オリジナル薬品(ブランド薬品ともいう)に比べ、価格で約半額から8割と低価格で、患者の負担減、膨らむ医療費の抑制に効果があるということで、厚労省がその利用を推進している最中である。

 こう書くと、個人的又国策的にメリットがあり、言うことなしの商品のように思えるが、内情はそれ程簡単なものではないらしい。

 先に、コピー商品と書いたが、文字通り100%化学式が一緒のものであれば当然同じ効果があるのだが、ジェネリックの承認申請では約80%以上の一致で同等とみなされるためこの20%以下の不一致の部分が問題になるとの事。

 新薬の製造承認には20数種類に及ぶ薬理効果、安全性、臨床試験成績等の資料の添付が求められるが、一方ジェネリックは、前者のデータをある程度利用できるため、安全性に関する試験結果、オリジナル薬品との生物学的同等性など3、4種の資料で事足りるということだ。
 言い換えると、基準が甘くなる可能性がある事と数%の不一致分がオリジナルと同等の効果、安全性があると断言すること困難にしてるということだ。

 実際に、ジェネリック薬品を使いたがらない医師は多く、「自分に対してジェネリック薬品を用いるか?」のアンケートにほとんどの医師がNO!と答えていることに現れている。やはり、安全性という面で先発メーカーに信があるということだろう。

 しかし、ジェネリックにすべてがそうと言う訳ではなく、むしろ一部の心無いジェネリック薬品会社の商品が足を引っ張っているらしく、ほとんどは効果も同等との事だ。

 同等といわれるジェネリック薬品に変えたとたん効果がなくなったり、副作用が出たりすることがあるという医師も少なくないとの話だが、問題はそれらの情報を知るのは医師や薬剤師のみでユーザーである患者は蚊帳の外に置かれているということである。

 改善されるにはこれらの情報が隠蔽なしに厚労省や薬品会社にフィードバックされ、それ相応の処置がなされる必要がある。
続きを読む >>
| 薬学に関する情報 | 12:38 | - | trackbacks(0) | pookmark |
冷感湿布、温感湿布どっちを選ぶ?
聞き耳を立てる
 仕事柄、よくされるのが
「温湿布と冷湿布、どっちを貼ればいいんですか?」
という質問だ。
そしてその答えはというと
「好きな方を使えば良い」である。

 ただし、これは貼り薬(ハップ剤)の話。

 ハップ剤はよく見ると温感・冷感と書いてあるはずだ。そもそも温感湿布も冷感湿布もサリチル酸メチル、メントール、カンフルなどを含み、その効能は一緒で、温感湿布にはそれらに加え、トウガラシエキス(カプサイシン)が入って、その刺激で熱く感じるだけだ。
 普通、患部が熱を持つ、急性期の痛み(ぎっくり腰や捻挫などの炎症期の痛み)には冷感湿布を使うが、温感湿布を使ったからといって悪化することはない。

 温感湿布は、カプサイシンの刺激がかなり強く「温かい」というよりはむしろ「ヒリヒリする」と表現する方があっている感じで、剥がした後にお風呂に入って、火傷したところをお湯につけた時と同じような痛みがしてビックリした方も多いと思う。
 ゆえに、肌の弱い人はどんなときでも温感湿布は使わないほうが無難とはいえるが。

 しかしこれが、物理療法の
冷罨法(れいあんぽう)(冷却療法)・温罨法(おんあんぽう)(温熱療法)
となると話は変わる。

 これらは実際に冷やしたり、温めたりするわけだから効果がある分、使い方を間違うと悪化をすることもある。
続きを読む >>
| 薬学に関する情報 | 16:56 | - | trackbacks(0) | pookmark |
抗がんサプリ、アガリクスなどに?
きのこレッド
 先月、発行された「がんの補完代替医療ガイドブック」よると、抗がん作用のある健康食品として巷でもてはやされている
           アガリクス等の効果が疑問視
され、その使用に注意を促している。

 多くの人が利用している反面、その臨床試験データは内容に乏しいものやお粗末なものが多く、科学的根拠となるようなものは皆無に等しい。
 要するに、試験管内や、動物実験によるものがほとんどで、実際に人間の体内で有効な反応を示すデータがほとんどないのである。

 キノコの類には抗がん作用が確認されて薬品化されているものもあるので、アガリクスにもあって不思議ではないが、問題は、今のアガリクスの扱われ方である。
 「がんに効くものはこれしかない」的な扱いで高額な商品が氾濫。
 体験談商法発ガン性の疑いまで出てきては何をか言わんやである。

 大体、アガリクスにしてもダイエットサプリにしても、いくら効いたからといって体験談・写真つきでお礼状出したりするものか?

 症例研究で多くの有効例が集まれば、いくら開発にお金がかかるといっても製薬会社が放っておく訳はないと思うが、実際作っているのは食品会社である。(健康食品であるのだから当たり前だが)

 キノコ類の医療的効果の可能性を否定するわけではないが、確証のないものに高額の対価を払う必要もなさそうだ。


参考・引用:がんの補完代替医療ガイドブックpdfファイル
サプリメントクチコミランキング 怪しい健康情報の見抜き方


ためになったと思ったら、クリックお願いします。 人気blogランキング

| 薬学に関する情報 | 14:23 | - | trackbacks(0) | pookmark |
小児の解熱剤使用について
ショック
 とかく子供というものはよく熱を出す。

 真っ赤な顔を見て、あわてて熱を計ってさらにビックリ、39℃オーバーなんてことがよくある。

 そこで慌てふためき、医院に駆け込んでよくもらうのが解熱鎮痛剤。

 飲み薬や座薬があるが、いずれも使用するのは要注意。以下はその理由である。

 そもそも何故、熱は出るのか?

 実はこれこそが人間の免疫力の成せる業で、熱を上げることでウィルスをやっつけようとしているのである。

 そこで、無理に熱を下げるとどういうことになるかというと、もちろん、熱は下がるが、それと共にウィルスたちも元気になるという寸法。

 結局、慌てて、騒いでウィルスに助け舟を出すだけである。

 そして、解熱剤を使い、ウィルスが元気になって起こすのがライ症候群インフルエンザ脳症などの急性脳症で命が危険にさらされる。

 昔から熱によって脳に障害を起こすと思われているが、最近の研究で解熱剤では脳障害を防ぐことができないだけでなく、上記のようにむしろ脳障害を助長することがわかっている。

 また、はしか(麻疹)などは熱が下がりだしてから発疹が出るので、解熱するとベテラン小児科医以外は診断さえも困難になる。
続きを読む >>
| 薬学に関する情報 | 19:11 | - | trackbacks(0) | pookmark |
抗生物質と風邪
病院
 風邪で内科を受診すると、咳止めや解熱剤などの対症療法的な薬とともによく出されるのが抗生剤(抗生物質) 。

 よく耳にし、口にする(又は塗布する)薬だが、何かよく解からずに服用されている方が多い。

 薬の説明でよく書いてあることは、"菌を殺す薬" と言う文章。

 ここで気をつけないといけないのが "菌" と言う言葉。

 風邪やインフルエンザなどの原因になるのは "ウィルス" で "菌" とはまったく違う生物である。

 たとえば大きさにしても、細菌の大きさが約0.5〜4μmに対してウィルスは20〜250nmしかない。( 1 nm = 0.001 μm = 0.000001 mm )

 非常に大雑把な計算だが人間の大きさを地球として、細菌が幼稚園児くらいで、ウィルスにいたってはモルモットかマウスくらいらしい。

 両者の違いは大きさだけではなく、細菌は1つの生物として必要なものはすべて持ち、自分自身で増殖することが出来る。

 ウィルスはタンパク質の膜にくるまれたDNAと言う構造で、他の生物の細胞の中に入ってしか増殖できない。

 細菌は増殖時の毒素によって症状を起こすが、ウィルスは増殖した後に細胞を破壊することになどよって症状を引き起こす。

 そして、一番重要なことは

 抗生物質は
   細菌には有効だが、ウィルスには無効という事だ。


続きを読む >>
| 薬学に関する情報 | 11:49 | - | trackbacks(0) | pookmark |